節約対策ナビ

水道光熱費の節約~台所でガス代の節約

台所でガス代の節約

鍋の使い方

鍋底は平らで広いものを使う
鍋底は平らで広いもののほうが中火でも火の通りが早くなり、ガス代の節約になります。 小さな鍋を使うときは、火が鍋底からはみ出ないように火加減を調節しましょう。
鍋底の水気を拭き取る
鍋底に水気がついていると、水分を蒸発させるために、無駄な火力が使われてしまいます。水気は拭き取ってから火にかけるようにしましょう。
フタをする
鍋にフタをしてもいい場合は、忘れずにフタをして火にかけます。
ゆでるときは一つの鍋で
野菜など数種類をゆでる場合は、一つの鍋で続けてゆでます。ゆでる順番は、アクの弱いものを先にゆでます。
圧力鍋や保温鍋を使う
圧力鍋は加熱時間を短くし、ガス代の節約になります。 保温鍋は、沸騰後は保温するだけで調理ができるのでガス代の節約になります。
火を止めて余熱で
煮物やゆで卵などは沸騰したら火を消して、フタをしておきます。さらに鍋をバスタオルや衣類でくるんでおくと保温ができます。

電子レンジを使う

野菜をゆでるときガスで加熱するより、電子レンジで使うほうがガス代を節約でき、時間も短縮できます。また電子レンジのほうが野菜のビタミンを多く残すことができます。

ガス給湯器や湯沸かし器の口火は消す

ガス給湯器や湯沸かし器の口火をつけたままにしていると、無駄なガスを使っていることになります。使い終わったら口火は消すようにしましょう。

スポンサーリンク


水道光熱費の節約 MENU
待機電力アンペアダウンエアコン照明器具洗濯機・乾燥機テレビ
掃除機アイロンパソコン冷蔵庫電子レンジ食器洗浄機
電磁調理器具電気ポット圧力鍋・保温鍋炊飯器温水洗浄便座ドライヤー
台所でガス代節約お風呂でガス代節約
水道代の節約
ページのトップへ戻る