節約対策ナビ

水道光熱費の節約~水道代の節約

水道代の節約

食器の手洗いで節水

食器を洗う前に油汚れなどは新聞紙やペーパータオルで拭き取っておきます。水をためた中に洗剤を入れ、食器をその中で洗うようにします。すすぐときだけ流し洗いをします。

水を流したままにするのをやめる

歯磨き、洗顔などは水を流したまますると水の無駄になります。歯磨きはコップ1杯の水ですすぐようにし、洗顔は洗面器に水をためてするようにしましょう。

洗濯で節水

洗濯はある程度たまってから、まとめ洗いをします。そのほうが水道代と電気代のほか洗剤も節約になります。
下着などの小さな洗濯物だったら、お風呂を出たあとに残り湯で手洗いをするのもおすすめです。 すすぎは注水すすぎではなく、ためすすぎをしたほうが水道代の節約になります。

お風呂のシャワー

シャワーは出しっぱなしにしないで、こまめに止めるような使い方をするようにします。水道代とガス代の節約になります。
節水シャワーヘッドを取り付けるのもおすすめです。これは水の量を減らして水圧が上がるので、節水になります。

トイレで節水

トイレの流水レバーに大と小がある場合、小のときに大で流すのはやめましょう。大のとき以外は小を使う習慣をつけましょう。 レバーを戻しても水の流れが止まらないトイレは「ウォーターセーバー」という節約グッズを使うと節水が可能になります。
「トイレタンクにペットボタルを入れるとよい」とよく言われますが、それがバルブやチェーンにあたって水を流す構造が壊れやすくなることがあります。利用するときは十分注意しましょう。

スポンサーリンク


水道光熱費の節約 MENU
待機電力アンペアダウンエアコン照明器具洗濯機・乾燥機テレビ
掃除機アイロンパソコン冷蔵庫電子レンジ食器洗浄機
電磁調理器具電気ポット圧力鍋・保温鍋炊飯器温水洗浄便座ドライヤー
台所でガス代節約お風呂でガス代節約
水道代の節約
ページのトップへ戻る