節約対策ナビ

電球型蛍光灯とLED電球は価格は高いが、節電効果が高く寿命も長い

照明器具で節電

照明の種類

照明器具には白熱電球、電球型蛍光灯、LED電球があります。それぞれの消費電力と寿命、値段を同じ明るさで比較してみました。 1日約6時間点灯した場合です。

消費電力寿命値段
白熱電球54W約1000時間(半年)約100円
電球型蛍光灯12W約6000時間(3年)約600円
LED電球7W約40000時間(20年)約2500円

寿命をみてみると、白熱電球に比べて蛍光灯は約6倍、LED電球は約40倍です。しかも、消費電力もLED電球は白熱電球の約7分の1以下になり、大幅に減らせます。 電球型蛍光灯とLED電球は購入時の価格は高くなりますが、節電効果が高く寿命も長くなります。 トータルでみると、電球型蛍光灯かLED電球を選んだほうがお得といえます。

照明の節電対策

照明器具の掃除をする
照明のランプやカバーが汚れると、明るさが低下し、無駄な電力を消費することになります。 1年間掃除しないでいると、明るさが約20~約40%も低下するそうです。こまめに器具の掃除をして明るさを取戻し、消費電力の削減をしましょう。
ワット数の低い電球と取り換える
照明器具には、その器具で使えるワット数が表記されています。この表記されているワット数以下の電球は使うことができます。明るさを必要としないトイレや風呂などは低いワット数の電球を使うといいでしょう。低いワット数に交換するだけで、消費電力が削減できます。
こまめに消灯する
照明器具は短時間でも消した方が節電になります。 スイッチの入切が多いと無駄な電気を使いそうな気がしますが、スイッチの入切の電気代はほとんど気にするほどかかりません。部屋を出るときや誰もいない部屋はすぐに消すようにしましょう。
スポンサーリンク


水道光熱費の節約 MENU
待機電力アンペアダウンエアコン照明器具洗濯機・乾燥機テレビ
掃除機アイロンパソコン冷蔵庫電子レンジ食器洗浄機
電磁調理器具電気ポット圧力鍋・保温鍋炊飯器温水洗浄便座ドライヤー
台所でガス代節約お風呂でガス代節約
水道代の節約
ページのトップへ戻る