節約対策ナビ

画面の明るさや音量を調整して節電

テレビで節電

テレビの消費電力は電化製品のベスト4に入ります。 テレビを見る意識がないのにつけたり、つけっぱなしで別のことをしていたり、電気の無駄遣いになっていませんか。 電源をOFFにするのが一番ですが、それ以外に電気を節約するにはどうしたらいいでしょうか。

画面の明るさや音量を調整する

テレビが見えにくいと感じて画面を明るくすると、電力の消費量が多くなってしまいます。そんなときはまず画面の掃除をします。 テレビ画面は静電気でホコリを集めやすいので、こまめに掃除をします。ぬるま湯にリンスを入れ、中に雑巾を入れかたく絞って画面をふきます。リンスは静電気を防いでくれます。 音量も大きくするほど電気の消費量が多くなります。必要以上に大きくしないようにしましょう。

コンセントを抜くのは節電になる?

最新のテレビは、待機時の電力は0.03W/時と非常に低くなっています。コンセントから抜かなくても待機電力はさほど気にする必要はありません。 長期間使用しないときだけコンセントから抜いておきましょう。
※TVゲームで遊び終わりゲーム機の電源を消すと、テレビ画面には何も映っていないので、テレビの電源を消すのを忘れることがあります。よく確認をするようにしましょう。

スポンサーリンク


水道光熱費の節約 MENU
待機電力アンペアダウンエアコン照明器具洗濯機・乾燥機テレビ
掃除機アイロンパソコン冷蔵庫電子レンジ食器洗浄機
電磁調理器具電気ポット圧力鍋・保温鍋炊飯器温水洗浄便座ドライヤー
台所でガス代節約お風呂でガス代節約
水道代の節約
ページのトップへ戻る